十和田湖国立公園 ▼青森県十和田市

十和田湖 「住まば日本、遊ばば十和田湖、歩けや奥入瀬三里半・・・」と、かの文人・大町桂月が絶賛した十和田湖。


クルミ形のカルデラ湖で、面積は59,8平方メートル。水面は標高400メートルの地点で一周約44キロのドライブを!紅葉の時期も絶景です

銚子大滝 奥入瀬渓流 奥入瀬渓流2
奥入瀬渓流の滝は子の口〜石ヶ戸まで五両の滝→銚子大滝・→九段の滝・→不老の滝・→白糸の滝・→白絹の滝・→姉妹の滝・→玉簾の滝・→雲井の滝→白布の滝・→双竜の滝・→岩菅の滝


[遊歩道]・石ヶ戸〜子ノ口 8.9km(徒歩約2時間40分)
・焼山〜子ノ口 14km(徒歩約4時間) 自転車1時間30分〜2時間
焼山−90分 5.2km→石ヶ戸−20分 1.3km→馬門岩−25分 1.3km→雲井の滝−40分 2.4km→五簾の滝−45分 2.3km→銚子大滝−30分 1.6km→子ノ口
乙女の像


十和田湖のシンボルが湖畔の休屋にある乙女の像。

高村光太郎作のブロンズ製の裸婦像で、昭和28年に国立公園指定15周年を記念して御前ヶ浜に立てられました。光太郎曰く「原始林の圧力に堪えて立つなら幾千年も立ってろ」の思いが込められています。

台石は智恵子夫人の生地福島県産の黒御影石。



 001_towa06.jpg(3683 byte) 遊覧船

ライン小鳥
十和田湖の周りには、いくつかの展望台がありますが、標高647mの発荷峠展望台から眺める十和田湖が一番美しい。背景に八甲田連峰を置き、右は中山半島から左は大川岱まで、四季を問わず絶景を目にすることが出来る。


この発荷峠は、秋田県側から十和田湖へのアプローチすると必ず通るポイントなので、ぜひ十和田湖の大パノラマを堪能してください。 ライン小鳥

十和田湖湖畔001_towa09.jpg(9569 byte)石ケ戸休憩所

ライン

十和田湖へのアクセス■アクセス
■東北自動車道・小坂ICから樹海ラインで
約20キロ
■または十和田ICから国道103号で約28キロ
■青森駅からJRバス十和田湖行きで
子ノ口まで約2時間50分


s07.gif(934 byte)周辺案内
・十和田科学博物館
・十和田湖神社
・渓流観光センター
・奥入瀬湧水館


周辺の温泉(日帰り入浴)
・蔦温泉
・奥入瀬渓流観光温泉
・酸ヶ湯温泉

ページトップへ