長走風穴 ▼秋田県大館市長走326-6    ◆電話 0186-51-2005

長走風穴館一帯は数多くの風穴が見られ、年中石の間から5〜6度の冷気が吹き出している。長走風穴館はその風穴の仕組みを紹介する施設で、冷風を体感できるコーナーがある。
長走風穴は国の天然記念物に指定されている。


▼営業期間 4〜11月   ▼営業時間/9:30〜16:30
▼休業日/月曜(祝日は翌日休、6〜8月は無休 )
▼入館;無料、無料駐車場あり。



004_huketu01.jpg(9904 byte)004_huketu10.jpg(15111 byte)
comment-title-co01.gif(540 byte)

004_huketu04.jpg(8357 byte)004_huketu05.jpg(5961 byte)004_huketu06.jpg(7534 byte)


風穴館入り口には、風穴倉庫があり風穴をどのように利用していたかを見ることができる。また、  風穴館一階には、風穴の冷気が吹き出る石の壁や、風穴の仕組みと利用、長走周辺の歴史、市の天然記念物などを紹介するパネルコーナーがあり。


 中二階には、風穴の四季や高山植物が生育する原因などを、大型画面でわかりやすく説明してくれるミニシアターがあり。  二階には、冷風を利用した高山植物が展示され、屋外広場へと渡り廊下が続いている。
カタツムリ


004_huketu03.jpg(9567 byte)004_huketu07.jpg(20054 byte)
004_huketu08.jpg(15314 byte) 地層の間を通って冷えた空気が,国見山西側斜面一体のところどころから噴き出す。 標高166mの低地でありながら高山植物が群生する。

004_huketu09.jpg(6139 byte)

気温が34度もあるのに風穴入り口に置かれた温度計は13度。ひんやりして涼しい〜〜

 
●ちょっと一言
なぜ風穴現象が起こるのか、四つほどの説がありいまだに定説が無いそうです。ここの風穴については『崩落した岩石が堆積してできた風穴の為、内部に無数の隙間があり、冬のあいだ山の下から上に冷たい外気が送り込まれ氷を作り、夏に冷えた空気が下に流れ出ている』という説が有望です。  

地図■所在地
秋田県大館市長走326-6

■列車で・・・
・JR奥羽本線大館駅から秋北バス矢立ハイツ行きで25分、風穴前下車すぐ


ico777.gif(597 byte)周辺案内
 ・大館樹海ドームへ車で20分 
 ・小坂・康楽館へ車で約50分


ico777.gif(597 byte)周辺の温泉(日帰り入浴)
 ・矢立ハイツ
 ・日景温泉

ページトップへ